バイヤーズ・ガイドジャパンにて4年連続受賞

『バイヤーズ・ガイドジャパンにて4年連続受賞』

2018年は、21世紀国際派アーティスト・エピスリィアステリオン「高位の星」称号を受賞。

2019年は、エランドール「黄金の翼」受賞。

2020年は、21世紀国際派アーティスト「ル・メイユール〈最高峰〉芸術賞」を受賞。

世界に向けた美術館、画廊、そして芸術家の為の年鑑「バイヤーズ・ガイド2021」にて
世界へ発信する21世紀国際派アーティスト「テソロス デル アルテ(至宝の芸術賞)」受賞。

在日同胞画家としては初であり、日本美術界においては4年連続受賞者は奥谷博をはじめ日本を代表する三人のみです。